原因や予防・治療方法まで、白内障・緑内障改善マニュアル

白内障

このページでは、白内障を発症してしまう原因やメカニズム、発症する年齢の傾向などの情報についてまとめていきたいと思います。

主原因は加齢による水晶体の濁り

白内障とは、目の水晶体が白く(場合によっては黄色や茶色く)濁る病気です。

水晶体とは、目の中でカメラのレンズと同じ役割を担うもので、健康な人では透明ですが、水晶体を構成するたんぱく質が変性すると白色や黄白色に変わって、白内障を発症します。

発症する一番の原因は、加齢によるものと考えられています。

ある調査によると、「60歳以上では60%以上、80歳以上では100%に近い確率で白内障になる」というデータがあり、老化現象の一つとも考えられています。

しかし、現代ではパソコンや携帯画面などで目を酷使することも多く、30代で発症するケースも少なくないようです。

紫外線を多く浴びたり、偏った食生活も原因のひとつとされています。

白内障は誰もが発症する可能性のある眼疾患として認識しておくべきかもしれません。

白内障の治療として、早期においては点眼薬(目薬)や内服薬(飲み薬)で症状の進行を遅らせる手段が取られます。

ある程度症状が進行している場合は、人工水晶体を埋め込む手術を選択する方もいますが、手術の適応については個人差が大きいようです

これらの治療法については、「白内障を改善するための治療方法」の各ページでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

また、生活習慣や食事でも、白内障の予防や症状の緩和が期待できます。

こちらは「予防法」や「白内障・緑内障症状を緩和する成分とは」のページで詳しく紹介しています。

紫外線や目の酷使、食生活などにも要注意

先にも述べましたとおり、白内障は年齢を重ねるごとに発症する確率が高くなる病気ですが、近年では30代で発症するケースも少なくないそうです。

その原因とされているのが、紫外線を多く浴びること、ゲームやパソコンなどでの目の酷使、偏った食生活など…。

白内障・緑内障の予防方法を調査」の各ページでは、予防についてより詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 
白内障・緑内障でお悩みの方の治療ガイド