原因や予防・治療方法まで、白内障・緑内障改善マニュアル

緑内障

このページでは、緑内障を発症してしまう原因やメカニズム、発症した場合の注意点などの情報についてまとめていきたいと思います。

主な原因は高眼圧

緑内障とはなんらかの原因で視神経が異常をきたし、視野が狭くなる病気で、目の痛みや頭痛を伴うこともあります。
重症の場合、失明する可能性があります。

視神経が傷つけられる一番大きな原因は眼圧の上昇です。
眼圧とは眼内の圧力のことで、正常値は10~21mmHgで、21mmHg以上を高眼圧といいます。
眼球の前方には栄養素を運ぶ「房水」という水分が流れています。

この房水が必要以上に分泌されたり排出路が詰まると、眼圧が高くなってしまうのです。
高まった圧力によって、網膜や視神経が圧迫され異常をきたし、視野が狭くなるなどの症状を引き起こします。

正常・低眼圧緑内障にも注意が必要

また、眼圧が正常範囲にあるにも関わらず、緑内障の症状を発症することがあります。

これは「正常眼圧緑内障」や「低眼圧緑内障」と呼ばれるものです。
視神経の強さには個人差があり、構造的に弱い場合は正常レベルの眼圧でも視神経が異常をきたしてしまうことがあるのです。

自覚症状なしに進行

緑内障の怖いところは、初期においてはほとんど自覚症状無しに症状が進行することです。

実際には視野の欠損から現れ始めるのですが、人は通常、左右の2つの目でみているので、互いの視野でカバーされ気付かないことがほとんどです。

中期以降でやっと視野の異常に気付く方が多いようです。

視野を1/4くらい失ってしまっていても、気付かない場合もあるようです。

緑内障は、一度発症すると元の通りに戻らないといわれています。
ですが、中には短期間であれば症状が回復するケースも見られるようです。

対処法のひとつとして、白内障・緑内障の予防方法をご紹介しているほか、発症・予防のために近年注目のエキスについての情報も掲載しています。そちらも、ぜひご覧ください。

 
白内障・緑内障でお悩みの方の治療ガイド