原因や予防・治療方法まで、白内障・緑内障改善マニュアル

目薬

このページでは、白内障の治療方法のひとつである目薬(点眼薬)について、概略や注意点などをまとめています。

目薬は初期の症状進行防止に使用

白内障とは、目の中でレンズの役割を果たしている水晶体が白く濁ってしまう病気です。
一度濁った水晶体は元にはもどらないとされているため、目薬を治療に用いるのは症状が軽度であまり視力に影響のない場合に、症状の進行を遅らせる目的で使用されます。

おもな点眼薬としては、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤があります。
これらの詳細については、以下をご覧ください。

おもな点眼薬の種類

  • グルタチオン製剤…不溶性たんぱく質の増加を抑え、水晶体の透明性を保つはたらきがある。また、症状の進行を遅らせる役割をもつ。
  • ピレノキシン製剤…白内障のはじめの段階で、視力がまだ保たれているケースに用いられる。

注意すべき副作用

  • ピレノキシン製剤…まぶたの腫れ、目の痒みや充血、刺激感 など。
  • グルタチオン製剤…目の痒みや充血、一時的なかすみ など。

 

 
白内障・緑内障でお悩みの方の治療ガイド