原因や予防・治療方法まで、白内障・緑内障改善マニュアル

鍼灸治療で眼病が治る?白内障・緑内障治療の新常識

中国では古くから、白内障・緑内障などの眼病治療に鍼灸が利用されてきました。科学的な裏づけこそ少ないものの、豊富な臨床実績からもその有用性は明らか。鍼灸治療によって白内障の進行を抑えられたり、眼圧が低減し、症状が改善した例は数多く報告されています。

最近では緑内障や白内障をはじめ、飛蚊症や眼底出血などにも鍼灸の効果が注目されています。このページでは、緑内障や白内障など、眼疾患治療に用いられる鍼灸治療について紹介していきます。

鍼灸治療で緑内障・白内障が治る?その仕組みとは

緑内障は、眼圧に耐えきれず、視神経が変性することで視野狭窄を起こす病気です。鍼で全身にあるツボを刺激することで、血流を改善し、眼圧を下げることができます。

鍼灸治療前後の眼球の状態を観察したデータによると、鍼灸は自律神経系に作用して、網膜の血液循環を良好にすることで、視神経を強化することがわかっています。また、水分代謝を活発にして眼圧を安定させるのではないかとも言われています。詳しいことはまだ研究段階ですが、これらの作用が、緑内障の改善に役立っていると考えられています。

実際、鍼灸治療によって症状の改善、病気の進行を遅らせることができた症例は数知れず。もちろん鍼灸だけで完治はできませんが、眼圧を下げることで、より安定した状態へと導くことができます。

白内障は、眼でレンズの役割をしている水晶体が濁ってしまう病気。主に加齢が原因となって引き起こされ、視界が白濁するなどの症状が現れます。治療は水晶体を人工レンズに置き換える外科手術が主流ですが、初期の白内障に対しては、かなりの確率で鍼灸治療が有効です。また、白内障との併発例の多い黄斑変性などにも一定の効果が期待できます。

眼疾患の鍼灸治療には、非常に高い技術と知識レベルが必要です。そのため、眼疾患治療のできる鍼灸治療院は国内に数えるほどしかありません。以下では、数少ない治療院の中、私がようやくめぐり会えた評判の良い治療院を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

眼疾患の鍼灸治療ができる治療院

医院名
りゅうえい治療院
診療科目
鍼灸・マッサージ・リハビリ
所在地
東京都三鷹市上連雀2-3-12高橋ビル2F
アクセス
JR中央線「三鷹駅」徒歩4分
受付時間
10:00~12:30、14:30~18:30
治療日
月曜日~金曜日、第2・4土曜日
土曜診療の週は木曜が代休。
医院HP
http://ryueichiryoin.com/

りゅうえい治療院の特徴

りゅうえい治療院では、緑内障や白内障などの眼疾患に対して「晴明鍼」という鍼灸治療を行っています。眼の周りの血流改善を目指して治療を進めていくというのが晴明鍼の軸となる考え方です。

肩や首のこりを軽減し、血の通り道を確保してから、各症状に効果のあるツボを刺激していくというのが治療の流れ。「眼の疲れは脳の疲れでもある」という欧米の学説を取り入れ、独自の鍼技術を組み合わせ、脳と眼の2点を同時に刺激しているのだとか。

このように、より高い効果が得られるよう工夫した治療を行っているりゅうえい治療院では、実際に眼圧が低下し、視野狭窄や白内障の進行を防ぐことができた患者さんもいらっしゃるそうです。

視力向上にも鍼灸治療は効果的です。ピントを調整する目の毛様体筋の疲労も回復させる作用もあるので、パソコン作業にたずさわっている方や、運転免許の更新をひかえたタクシーや貨物のドライバーも利用しているとのことです。来院者には、ご家庭で簡単にできる視力向上法も教えてくれますので、アフターフォローも万全です。

メールによる無料相談もできるようなので、「鍼灸は初めてなので少し不安」と思ったら、とりあえず相談してみてはいかがでしょうか。

 
白内障・緑内障でお悩みの方の治療ガイド