原因や予防・治療方法まで、白内障・緑内障改善マニュアル

緑内障を改善するための治療方法

このカテゴリでは、緑内障を発症してしまった際に用いられる治療方法の種類と、それぞれの内容について述べていきたいと思います。

緑内障の治療方法その種類と概要

現代の眼科医学では、緑内障という病気は一度発症してしまったら、元の状態にもどすことはできないといわれています。

したがって、悪化を防ぐことが治療の主な目的とされています。

しかし眼科学の専門書などにおいて、高眼圧により視野欠損が生じたとしても、短期間あれば回復しているというケースも報告されています。

つまり、視神経が眼圧の上昇により圧迫されても、圧迫された神経はすぐに死んでしまうわけではなく、徐々に弱って機能不全に陥り、最終的に死滅していくと考えられます。

そうであれば初期の治療はますます重要と考えられます。
治療法としては以下の4つが挙げられます。

  • 目薬(点眼薬)――緑内障治療において、もっとも一般的な治療方法です。
  • 飲み薬(内服薬)――目薬による治療の補助的な役割として用いられます。副作用もあるため実施するケースは限られます。
  • レーザー手術――目薬で効果が得られない場合に行われ、いくつかの種類があります。
  • 切開手術――目薬、レーザーで効果が得られない場合に行われ、大きく分けて2種類があります。

治療法についてはそれぞれの該当ページでより詳しく説明しています。
また、このサイトでは「予防法」や「白内障・緑内障症状を緩和する成分」についてもご紹介しています。
症状にお悩みの方や、将来的に心配な方に役立つ情報だと思いますので、ぜひ一度ご覧ください。

【正常眼圧緑内障について】
正常眼圧緑内障でも、眼圧を下げるための治療が必要となります。
正常眼圧緑内障とは、眼圧が正常範囲であるにも関わらず発症してしまう緑内障のことです。
眼圧が正常なのであれば、眼圧についての治療はいらないと思われがちですが、正常眼圧緑内障にかかる方はもともと視神経が構造的に弱いため、圧力によっても異常をきたしやすいと考えられます。
正常眼圧緑内障の場合においても、眼圧の上昇が悪影響を及ぼすことは変わらないということです。
よって、眼圧を下げるための薬が処方されるのです。

 
白内障・緑内障でお悩みの方の治療ガイド