原因や予防・治療方法まで、白内障・緑内障改善マニュアル

手術【切開】

このページでは、緑内障の治療法として切開手術について述べていきたいと思います。
目薬やレーザーで眼圧を十分に低下させることができない場合におこなわれます。

目薬やレーザー治療が効かない場合の手段

緑内障の手術は、目薬、内服薬、レーザー治療で眼圧をコントロールすることが出来ないときや、視野障害の進行が止まらないときの選択肢となります。

最大の合併症は白内障の進行です。
手術の失敗率は減少していますが、成功しても長期的には白内障の進行が早まるなどのデメリットもあります。
手術の方法は緑内障のタイプにより異なります。

手術方法はおもに2種類

■トラベクロトミー
房水の通り道である線維柱帯という部位を切開することで、房水の流れを改善し眼圧を下げるという手術方法です。
後述するトラベクレクトミーと比べ、手術後に感染が起こりにくいことや、効果が薄れた場合は再度手術が可能といった長所があります。
一方、トラベクレクトミーと比べ、眼圧の数値が下がる割合は低めであることや、経年により効果が薄れていくケースが多いといった短所もあります。

■トラベクレクトミー
端的にいえば、房水を排出するための通路を、目の外から穴をあけてつくってしまうことで眼圧を下げるという手術です。
メリットとしては、数値的により大きく眼圧を下げられる期待が持てます。
一方、短所としては前述のトラベクロトミーと比べ感染症のリスクが高いことや、切開した穴が目詰まりしてしまうといった失敗例も起こり得るそうです。
なお、眼圧が高くないのにもかかわらず、視野障害が進行するケースでは、この手術以外に選択肢がないと考えられているようです。

 
白内障・緑内障でお悩みの方の治療ガイド